So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2017年12月の思い出

みなさん、こんにちは[わーい(嬉しい顔)]


12月の「大人のためのサッカークリニック」は、大槻毅監督(浦和レッズ・ユース)がヘッドコーチを務め、人工芝サッカー場で“蹴り納めゲームDay”を開催しました。


大槻監督が指導し、2018シーズンからトップチームへの昇格が内定した井澤春輝(徳島ヴォルティスへ期限付き移籍)、荻原拓也、橋岡大樹の3選手が特別参加し、この日初めて会った参加者のみなさんと和気あいあいサッカーを楽しみました。

サッカークリニックは月1回の開催ですが、毎回コーチが驚くほど参加者が急成長しています。きっとみなさんのサッカーへの取り組み方、吸収力が速いのだと思います。


リラックスした様子で参加したユースの3選手は、もちろんチームを引っ張るプレーを魅せてくれたのですが、笑ってしまうような珍プレーも…。

ディフェンスラインをコントロールしていた橋岡選手がオフサイドのアピールで手を挙げようとしたとき、遥か後方に味方ディフェンダーが残っているのを発見し、タジタジになったり、ディフェンダーのみんなが攻撃で上がってしまい2~3人のカウンターを1人で防いだり…。きっと来シーズンのJリーグで生きる貴重な経験だったと思います。

そして、井澤選手は少し下がり目のポジションで参加者の攻撃を見守りつつ、後方から何度もボールを散らし、ビッグチャンスを作っていました。井澤選手のゴールキーパー姿を見られたのもレアでした。

責任感が強い荻原選手はチームが失点するとギアを上げ、最後までチームのためにハードワークをして終了後にはぐったりするほど。

一緒にサッカーできたことは貴重な思い出になり、これからさらに応援したくなりました[演劇]

ボール1つあればみんなの距離が縮まり、一生懸命熱中できて楽しく幸せな気持ちになるサッカーって本当に素晴らしいなぁと感じた1日でした。

171216sc_4.jpg


12/23(土)に開催したフットサルスクール・レディースクラスは、今年最後の回ともあって16名の参加者が集い、隣のコートで開催している一般クラスに負けないくらいの盛り上がりを見せました。

この日はサプライズでレッズレディースの安藤梢、北川ひかる、白木星の3選手が訪れ、参加者から歓声が上がりました。3チームそれぞれに選手が1名ずつ加わり、勝利を目指すなかでも楽しく一生懸命ボールを追いかけました。レディース選手と一緒にボールを蹴れる機会はめったにないので、参加者にとってステキなクリスマスプレゼントとなりました。


記念写真はみんなイイ顔していますね[わーい(嬉しい顔)]

171223ladies.jpg

今年も明日が最終営業日となりますが、大きな事故もなく(台風による水害はありましたが…)、みなさんとたくさん笑って汗をかいて、幸せな1年でした。

2018年はもっと楽しい日が訪れるよう、レッズランドライフをエンジョイしましょう[るんるん]

今年も1年間、ありがとうございました[黒ハート]


共通テーマ:スポーツ